So-net無料ブログ作成
検索選択
ヘビーメタル ブログトップ

ミラー・ボール / デフ・レパード [ヘビーメタル]

デフ・レパード初のライブ・アルバム。選曲もWOMENが入っていないのが
惜しいがほぼベストな曲目。おまけDVDはおまけとは思えない内容で、
ライブ映像がたっぷり。このアルバム聴いてから、コンサートに行こうと
思っていたら、見逃してしまった。やっぱり最初からいけば良かった。
残念!!

51b5DAWU00L._SL500_AA300_.jpg

ディスク:1
1. Rock! Rock! (Till You Drop)
2. Rocket
3. Animal
4. C’Mon C’Mon
5. Make Love Like A Man
6. Too Late For Love
7. Foolin’
8. Nine Lives
9. Love Bites
10. Rock On
ディスク:2
1. Two Steps Behind
2. Bringin’ On The Heartbreak
3. Switch 625
4. Hysteria
5. Armageddon It
6. Photograph
7. Pour Some Sugar On Me
8. Rock Of Ages
9. Let’S Get Rocked
10. Action
11. Bad Actress
12. Undefeated (New Song)
13. Kings Of The World (New Song)
14. It’S All About Believin’ (New Song)
15. Kings Of The World(Different Version)(Bonus Track Japan)


ミラー・ボール

ミラー・ボール




MIRROR BALL- LIVE & MORE

MIRROR BALL- LIVE & MORE

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: FRONTIERS
  • 発売日: 2011/06/20
  • メディア: CD



ライヴ・アット・ドニントン 1990 / ホワイトスネイク [ヘビーメタル]

61Nv9CDau7L._AA115_.jpg

デヴィッド・カヴァーデイルを筆頭にホワイトスネイク史上最強
とうたわれた空前の布陣、スティーヴ・ヴァイ(ギター)、
エイドリアン・ヴァンデンバーグ(ギター)、トミー・アルドリッジ(ドラムス)、
ルディ・サーゾ(ベース)による1990年イギリスの“モンスターズ・オブ・ロック
でのステージ。
20年前に見に行った、代々木第一体育館での感動が蘇りました。
今のホワイトスネイクと違って、ヒリヒリとした緊迫感が伝わってきます。
この布陣でのホワイトスネイクが、最高だったと改めて認識しました。
マスターがマスターなので、画像がざらつくのは仕方がないにしても、
ホワスネの最高のライブ・パフォーマンスが楽しめます。

1. Slip Of The Tongue
2. Slide It In
3. Judgement Day
4. Slow & Easy
5. Kittens Got Claws
6. Adagio For Strato
7. Flying Dutchman Boogie
8. Is This Love
9. Cheap & Nasty
10. Crying In The Rain
11. Fool For Your Loving
12. For The Love Of God
13. The Audience Is Listening
14. Here I Go Again
15. Bad Boys
16. Ain't No Love In The Heart Of The City
17. Still Of The Night





Live In Japan [NTSC] [DVD]

Live In Japan [NTSC] [DVD]

  • 出版社/メーカー: Masterplan
  • メディア: DVD



Live at Donington 1990 [DVD] [Import]

Live at Donington 1990 [DVD] [Import]

  • 出版社/メーカー: Frontiers
  • メディア: DVD



巨星墜ちる [ヘビーメタル]

あのレインボー、ディオ、ブラックサバス、ヘブン&ヘルのヴォーカル、
ロニー・ジェームス・ディオが永眠されました。
素晴らしいヴォーカリストでした、合掌。

以下So-netニュース引用

「ヘビメタ界の北島三郎」 ロニー・J・ディオに追悼続々

レインボー、ブラックサバスなどのバンドでボーカルを務めた米ロック歌手、
ロニー・ジェイムス・ディオさんが米国時間2010年5月16日、67歳で
亡くなった。ディオさんは、生前日本で「ヘヴィメタル界の北島三郎」
と言われ、絶大な人気を誇っていた。ネットには、ディオさんを追悼する
書き込みがたくさん寄せられている。

ディオさんの死は妻によって、公式サイト上で発表された。死因は明らかに
されていないが、09年に胃がんを患っていると公表されていた。

「青春時代のカリスマでした」

ディオさんは1942年米国ニューハンプシャー州生まれ。70年代後半から
レインボーやブラックサバスなどの有名バンドに参加したことで頭角を現し、
80年代以降は自身のヘヴィメタルバンド「ディオ」を率いて活動。ヨーロッパ
や日本で絶大な人気を獲得した。特に日本では、ディオさんのコブシの効いた
歌い方と、圧倒的な存在感から「メタル界の北島三郎」と言われ、30年以上に
渡って親しまれてきた。

日本で訃報が報じられた17日朝から、ツイッターや2ちゃんねるにはディオさんを
追悼する書き込みが続々寄せられている。

「僕の青春時代のカリスマでした。謹んで合掌します」
「上手いボーカリストは数多かれど、ロニーに代わるボーカリストは今後出て
こないだろうな」
「大ショック。CD聞きかえして追悼します」

中には「嘘でしょ!」というものも。何度も来日し、60歳を超えてからも若いころ
と全く変わらないパフォーマンスを見せていただけに、信じられないという人が
多いようだ。

演歌のように歌い上げるというのが特徴

個人的にも親しくしていたという、ヘヴィメタル専門誌『BURRN!』編集長・
広瀬和生さんは、「私もロニーがきっかけでハードロックにのめり込みました。
ロニーは特別な存在です。パワーがあるだけでなく、演歌のように歌い上げると
いうのが特徴で、日本のハードロックファンにとって『ロニーが最高のハード
ロックボーカリスト』といっても異論はないでしょう。レインボーで70年代に
来日したときには、札幌公演でファンが圧死したこともありました。
ヘヴィメタル界では年齢とともに衰えるミュージシャンが多い中、ロニーの声は
衰えていませんでした。後5年は歌えると思っていただけに残念でなりません。
がんであることは09年に公表されていましたが、ロニーのことですから、
闘病してよくなっていると思っていました。もう肉親が亡くなったかのように
悲しいです」

と話している。

HR/HMのボーカルスタイルそのものを作り上げ、ロック史に偉大な足跡を残した
ロニー・ジェイムス・ディオ。天国にメロイックサインを捧げよう。
ありがとう、ロニー!
ヘビーメタル ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。