So-net無料ブログ作成
検索選択

『ラッシュ プライドと友情』試写会@よみうりホール [映画]

20130906-rush.jpg

最高!!
F1を知らない人が見て欲しい!
「栄光のルマン」的なレース映画を予想していたら
見事に裏切られた。
実話ならではのリアリティと当時のF1サーカスの再現。
当時の映像とCGが見事に融合、ストーリーだけでなく、
映像が感動もの。レース映画ではなく、まさにヒューマン
ドラマ
映画館で爆音で鑑賞して、もう一度感動したい。
タイレル6輪車やフェラーリ、マクラーレン、ロータスJPS等
が見事に再現されているのも見逃せない。

F1を知らない人こそ見るべき映画
ストーリーは、日本語タイトルにもあるとおり“プライドと友情”
が描かれていて、この映画は「F1を知らない人こそ見るべき」と
感じられた。この映画が実話をもとに描かれており、壮絶な勝利へ
の渇望、そして“命がけの世界”だった当時のF1における、極限状態
を描いたものだからだ。F1を知らない人は、F1に関する知識は必要
ない。
もちろん、モータースポーツファンが見て楽しめる作品であることは
間違いない。ただし、「レースシーンを見にいこう」という目的で観る
ことはオススメしない。あくまでこの『ラッシュ プライドと友情』は
F1、モータースポーツという舞台で実際に起こった史実をもとにを描
かれたドラマだからだ。

- ストーリー -
1976年のF1ワールドチャンピオンを争ったジェームス・ハントと
ニキ・ラウダの間に起きたドラマを、『アポロ13』、
『ダ・ヴィンチ・コード』等を手がけたロン・ハワード監督が描いた映画。
現在もF1史に刻まれる壮絶なタイトル争いが展開された年、1976年。
この年のF1は、この年ヘスケスからマクラーレンに移籍し、名車M23を
駆ったハントと、75年にワールドチャンピオンを獲得し、連覇を目指し
312T/312T2を駆ったラウダの間で、ふたりのマッチレースが展開された。
その間にはスペインGPでのマクラーレン失格事件、ドイツGPでのラウダの
事故等、さまざまな出来事があった。
この『ラッシュ プライドと友情』は、そんなチャンピオン争いを展開した
ハントとラウダのふたりを描いたものだが、酒好きでヘビースモーカー、
プレイボーイで自由奔放だが、繊細な神経の持ち主であり、勝利だけを
渇望し続けたハントと、レースへのあくなき情熱をもち、データやテストの
重要性を説きプロフェッショナルでストイックに王座を求め続けたラウダ
という正反対なふたりのキャラクターが、さまざまなエピソードで綴られて
いる。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。