So-net無料ブログ作成
検索選択

King Crimson @ Bunkamura Orchard Hall, 2015/12/10 [プログレ]

キング・クリムゾン、12年振りのライブに参戦。

ステージセットは、ブルーの緞帳のみ、実にシンプル。
ダブル・トリオの時のように2階建ての建てこみ。
前面にドラムセット3台、後段ステージに、向かって左から
メル・コリンズ、トニー・レヴィン、ジャッコ、フリップの
コーナー。フリップはプログラムで確認すると機材の変更が
あった模様。

サウンドスケープのBGMが流れる中、定刻より10分ほど遅れ、
メンバー登場。ヒリヒリとした空気感の中、ジャッコのアカペラ
「Peace - An End」でスタート。その後も淡々と演奏が続き、
ピンと張り詰めたまま、「Starless」アンコールの「21st Century
Schizoid Man」まで、あっという間の約2時間。形態としてはクラ
シックのコンサートに近い。開演後の入場も、曲間のみに制限されて
いたし。トリプル・ドラムの意味? 演奏曲が連日、変更を加えている
ので、本日は「レッド」「パートII」は聞くことができませんでした。
次回は東京公演最終日に参戦するので、その時のセットリストを
楽しみに。

- 2015. 12. 10 セットリスト -

01. Peace - An End
02. Radical Action (To Unseat the Hold of Monkey Mind) I
03. Meltdown
04. Radical Action (To Unseat the Hold of Monkey Mind) II
05. Level Five
06. Epitaph
07. Banshee Legs Bell Hassle
08. One More Red Nightmare
09. VROOOM
10. Easy Money
11. Hell Hounds of Krim
12. Suitable Grounds for the Blues
13. The Letters
14. Sailor's Tale
15. The Court of the Crimson King
16. Starless
Encore:
17. Larks' Tongues in Aspic, Part One
18. 21st Century Schizoid Man

IMG_2444.jpg

IMG_2449.jpg

IMG_2457.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。