So-net無料ブログ作成
検索選択

6/21 UK 2012 NIGHT AFTER NIGHT @ CLUB CITTA [コンサート]

6/21、UK 2012 NIGHT AFTER NIGHT 日本最終公演。

今日は、定刻を10分ほど過ぎたところで、黒幕が開き、
エディ・ジョブソンが登場、舞台下手のキーボードに、
続いてテリー・ボジオが上手より、巨大なドラム要塞に、
最後にジョン・ウェットンがセンターへ。

Night After Nightが終わった後、エディ・ジョブソンから
テリー・ボジオがこの公演で、ワールドツアーから離脱
するアナウンスメント。

もう本物のUKは見ることができないのだろうか?
次は40周年記念かなぁ?

最終公演のせいか、エディもジョンもテリーも気合いが
入りまくり、音も音圧もビシバシ。ジョンはステージを
よく動き、エディは満面に笑みを浮かべてオーバーアクション
で演奏。
参戦した3公演中、ベスト・パフォーマンスだったと思います。
5公演で、バンドとしてのグルーヴがかなり醸成されてきて、
今日は最高の本物のUKが聞けました。

エディとテリーのソロ後、エディが最終日だからといって
サプライズは用意していないよと言いながら、
As Long As You Want Me Hereに代えて
Fallen Angel をエディとジョンがデュエットで披露。
コーラスを省略していたエディが初めて歌いました。

エディとテリーのソロも6/15、17とは微妙に変えての
パフォーマンス。Nothing to Loseは、アンコールの1曲目
に変更。

33年振りの夢の時間が終わってしまいました。

来年は、引退したと言われているビル・プラッフォードと
アラン・ホールズワースを説得して第一期UKでの来日を
期待します。無理かなぁ?

IMG_1379.jpg

6/21 セットリスト
01.Alaska
02.Night After Night
03.Thirty Years
04.Rendezvous 6:02
05.Carrying No Cross
06.Eddie Jobson Keyboard Solo - Violin Solo
07.Terry Bozzio Drum Solo
08.Fallen Angel (John Wetton & Eddie Jobson duo)
09.Danger Money
10.In The Dead Of Night
11.By The Light Of Day
12.Presto Vivace
13.In The Dead Of Night (Reprise)
(アンコール)
14.Nothing To Lose
15.Caesar's Palace Blues
16.The Only Thing She Needs
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

福田幸夫

July 17, 2008

Some very cool news today for John Wetton fans in the Far East. John's famous '65 Fender Jazz bass is headed to its new home at the Hard Rock Cafe in Yokohama, Japan. This is the bass John has played since his days with King Crimson. No doubt fans will recognize it from the videos for UK's Nothing to Lose and Asia's Heat of the Moment.
by 福田幸夫 (2012-07-07 18:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。